WordPress:authorページを一括リダイレクト
AMPの公式イメージ利用方法とガイドライン【画像ダウンロード】
【MAC】スクリーンショットの保存フォルダを変更・JPGファイルにする
MAMPでMySQLが起動しない時の解決方法
AMP化と一緒にHTTPSにすることにした:設定方法
@ 2016 fwary

子テーマCSSが反映されない時に確かめる事

なんだか、わたしの成長過程を赤裸々に公開してるだけな気がするのですが。
 
style.CSSの中で、@importを使うのはよろしくないよと、リファレンスで警告されています。
 
@importは使わないとして、
 
次に簡単な子テーマのフォルダにfunctions.phpを作って、これに以下を記載します。

 
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );

}

むむむっこれもダメ。
 
次に書かれていた、親のstyle.cssをget_template_directory_uri()で読み、その後get_stylesheet_directory_uri()で子テーマのstyle.cssを読みに行くというのに変更。

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
    wp_enqueue_style( 'child-style',
        get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css',
        array('parent-style')
    );
}

 
これにしてもダメ。!importantをつけたり、CSSが当たっていない要素には色がついたりします。コンソールを見ると、子テーマのstyle.cssが呼ばれているのですが、斜線で消されていて、上には、親テーマのstyle.cssがあり、上書きされているのが分かります。
 
、、、、もしかしたら、親テーマのfunctions.phpで読み込み方法が強烈なのかもしれない(笑)
と思い、確認して見ると、get_template_directory_uri()で呼ばれていました。これを、get_stylesheet_directory_uri()に変更。
 
 
きれいに子テーマが優先されました。危なく全部!importantするところでした。
こういう時って、本当に「もう無理」と思うのですが、、、解決しなくても今まで調べたことが全部自分の知識になるんだと思って、投げ出さないようにしています。

sharing is caring